糊涂虫网

日本小哥超激动体验中国国产喷气式支线客机ARJ21-700

2016年6月28日、中国初の国産リージョナルジェット機ARJ21700(以降、必要ない限りARJと略)が悲願の就航を果たしました。運航したのは成都航空という四川省成都を拠点とする航空会社、路線は成都から上海でした。

2016年6月28日,中国首架国产喷气式支线客机ARJ21700(以下简称ARJ)终于实现了全国人民翘首期盼已久的商业运营。运营单位是总部位于四川省成都市的成都航空,航线是成都=上海。

就航当初からARJは成都-上海虹橋間で週3便(火、木、土)の運航を行っていました。就航から1ヶ月ほどたった8月初旬の時点で存在する機体(試験機除く)は1機のみ(のはず)。新造機はトラブル等で欠航することが多いのですが、Flight Radarで見ると特に大きなトラブルなく運航していることを確認できていました。

从首次运营开始,ARJ就在成都=上海之间每周运行3个班次(周二、三、四)。到8月上旬,运营已持续1月有余,而航线上的ARJ机体(试验机除外)仍然只有一架(大概 )。一般来说新型客机由于种种技术原因和故障问题常有被停飞的情况,但从Flight Radar(译注:国外一个航班信息网站www.flightradar24.com)上看来,(ARJ)还没有出现过什么大问题,仍然保持着稳定的运营。

もしかしたらもう行ける?
就航当初からARJに乗ろうと思っていた僕は、何となくうまく行く予感がし始めました。ベトナム航空のA350に乗りにハノイまで行った時は、まだ1機しか納入されていない状態で、直前に機材変更に遭った苦い思い出がありますので、やはり慎重になってしまうんですよね。確実に乗ろうと思ったら、2~3機納入され、運航も安定した頃に行くべきです。張り切って行ったはいいものの「乗れませんでした」では腹が立っちゃうばかりですからね。しかし、ARJに限っては新造機にも関わらず、しかも1機のみの状態で、もうGO AHEAD状態になってしまったわけです。少なくとも僕の眼にはそう映りました。

也就是说,现在已经可以去试试看了?
其实从ARJ运营之初,我就想去坐坐看,当时就有预感(这飞机)应该没问题。然而我又想起了从前的一次经历,那是在乘坐越南航空A350客机到河内的时候,当时那种飞机(越航)还只引进了一架,结果在马上就要起飞的节骨眼上突然说要换飞机,弄得我一脸懵逼。所以这次我也决定要慎重,要等到(成都航空)装备2~3架ARJ,运营也稳定下来的时候再去坐。毕竟万一兴冲冲地跑去坐ARJ,到地方却告诉你坐不成了,那赶脚也不好受。不过,这ARJ似乎是个例外,虽然是新机型,但仅靠这一架飞机独飞,竟然已经是万事无虑的状态了——至少在我看来是的。

ARJってどんな飛行機?

ARJとは。まずはそこから解説します。後から色々と解説していますがここで簡単に紹介しておきます。ARJはこんな飛行機です。

ARJ是什么样的飞机?

ARJ是什么?这个得先跟大家介绍一下。具体的后面会说,这里先简单地给大家来一张。ARJ就是它。

ARJは正式にはARJ21700と呼び、中国のCOMAC(Commercial Aircraft Corporation of China:中国商用飛機)が開発したリージョナルジェット機です(実際はCOMAC設立以前より開発)。意外や意外、中国初の国産ジェット旅客機です。中国は戦闘機は独自開発をしたことがありましたが、旅客機については初めてです。以前、ボーイング707ベースのY10という旅客機を開発しようとしたことがありましたが、途中で断念していますので、ARJはそれ以来の悲願達成ということになります。

見た目からもわかる通りARJは小型機です。オールエコノミークラスで90人乗り、ファーストクラスとエコノミークラスの2クラス制で78人乗りの旅客機です。ARJ21という名前はAdvanced Regional Jet for the 21st Centuryが由来と思われ、後ろの700という数字は、2クラス制で70人(台)乗りを意味しているものと思われます。

ARJ的正式名称叫ARJ21700,是中国商飞(COMAC, Commercial Aircraft Corporation of China)研制的喷气式支线客机(其实在中国商飞成立之前就已经开始研发了)。令人意外的是,它是中国首架国产喷气式客机。中国虽早已能自主研制战斗机,但研制客机,这还是第一次。以前也曾有过基于波音707研发Y10(译注:运10)客机的计划,但最终还是流产了。因而ARJ的出现算是实现了中国人的一个夙愿。

ARJ从外观上一眼就能看出是小型客机,有两种布局,全经济舱型ARJ为90座,而头等舱+经济舱型ARJ为78座。所谓ARJ21,就是Advanced Regional Jet for the 21st Century(译注:21世纪先进喷气式支线客机),后面的700,据说是两种舱型70座的意思。

ARJ初搭乗の出発地である上海虹橋空港に到着しました。

我到达了ARJ的起点——上海虹桥机场,准备开始我的ARJ初体验。

同日のセントレア7時15分発の春秋航空に乗り浦東には8時半に到着。そしてそこからバスに乗って虹橋空港に到着したのはキッカリ11時でした。途中ひどい事故渋滞に遭い、「空港間の移動時間不足」という別のリスクが顕在化しましたが、何とか切り抜けることができました。

我是从中部国际空港(译注:位于日本爱知县的国际机场)乘坐当日7:15的春秋航空,8:30到的浦东机场,然后乘公交去虹桥,到地方已经11点了。公交在途中遭遇堵车,令我为“机场之间移动时间不足”而担惊受怕,不过好歹还是赶上了。

僕の乗る便は成都航空EU6680便、13時10分発です。

我的航班号是EU6680,起飞时间13:10。

成都航空はカウンターBでのチェックインとなります。中国東方航空、上海航空のチェックインカウンターを使用しています。
出発まで2時間ほどありましたので、ラウンジへ…と行きたいところでしたが、成都航空はアライアンスには入っていません。しかも成都航空のARJはオールエコノミークラスの設定です。僕にはラウンジに入る術がありませんでした。なので空港内をウロウロしていました。

成都航空在B区办理登机手续,使用的是中国东方航空和上海航空的柜台。
离起飞还有两个小时,这么长时间本来想到候机厅歇一歇,但成都航空没有加入任何航空联盟(译注:星空联盟、天合联盟、寰宇一家,比如国航就是星空成员,东航是天合成员),全经济舱的ARJ又没有头等舱休息室,所以我进不了候机室,只好在机场内四处闲逛。


本站转载的文章版权归原作者所有,将尽力保留原始来源,如有问题,请联系本站。
当前位置:首页 > 2ch » 日本小哥超激动体验中国国产喷气式支线客机ARJ21-700

()
分享到:

相关推荐